FC2ブログ

オーナーのひとり言

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“人間力”

深夜に放送されている『週刊エグザイル』という番組で、
私は初めて“人間力”という言葉を耳にした。
“人間力”という言葉があるの
それ以来、ちょくちょく、この“人間力”という言葉を耳にすることとなるのだが、
初めは、その言葉の意味するものがピンとこなかった。


“人間性”とは違うのか・・・。 どういう意味なのだろう・・・。
辞書で調べてみると、

“人間性”・・・①人間の本性。ヒューマニティー(人間味・人情・人道・博愛)。
         ②人間らしさ
“人間力”・・・     

載っていなかった。
ということは、最近の言葉なのだろうか。
使われている場面等をみてみると、
どうやら“その人が持っている、他を魅了する力”のようだ。
平たく言えば、いかに人を(自分に)惹きつけることができるか。
どれだけの(自分の)ファンを増やすことができるか。 ということらしい。

この“人間力”というのは、決して芸能人の方に限って当てはまることではない。
私たち一般人にも、すごく大切なことなのではないだろうか。

私が思うに、“人間力”がある人は、
恐らく、存在自体がどこかしらキラキラしているはずである。
それは、ファッションとか財力とか権力とか、そういった類のもので作られるものではなく、
その人の人間性だったり、経験だったり、または“心の姿勢”とか“生き方”とか・・・
そういったものが自然と創りだすものに違いない。

なるほど・・・
なんだか“深い”なぁ。

ということは、私たちも日々“人間力”を問われているのではないだろうか・・・。

世の中には、本当に『知りたくもない現実や 見たくないことばかりで』、
がっかりさせられることもたくさんある。
“純粋”だからこそ、傷ついてしまう。
それを私たちは、ついつい受けとめようとしがちで、
受けとめなければいけないと思ってしまう。
でも、受けとめなくてもいいのではないか・・・。
『(これも)現実なんだ・・・』と、ただ“見る”だけでも・・・。
なぜなら、自分が好きではない(拒否する)ものを“受けとめる”には、
すごい“心の葛藤”が生まれるし、すごくエネルギーがいると思う。
心が苦しくなる・・・
確かに、現実を“受けとめる”という“強さ”は大切であるが、
それと同時に、時には現実を“見て・流す”という
“(心の)柔軟さ”もあってもいいのでは・・・。
【言うのは簡単なんですよね 只今、私も修行中です

確実に言えることは、“人間力”を養うために必要なのは、
どんな時も『ただ前を見て歩いていこう』ということだ。それしかないのだ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。