オーナーのひとり言

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さりげなく生きる・・・

先日、NHKの『SONGS』という番組で、伝説の歌手“山口百恵”さんが取り上げられてた。
彼女は昭和を代表する歌手の一人であり、また“粋”な女性である。

私は、途中からしかその番組を観ていないのだが、
マイクをステージ上に置いて去っていった、あの有名な彼女の引退コンサートでのMCで
彼女は『私らしく、さりげなく生きていきます・・・』と語っていた。
『さりげなく生きる』・・・。なかなか言えない言葉だ

当時、彼女は21歳だったそうで、伝説になる人は、発する言葉も違います。
当時、小学校にあがったばかりの私からすると、彼女は当然、立派な大人の女性だったのだが、
“今”、大人になった()私が見ても、すごく“大人な女性”だったんだなぁ・・・と
改めて感心する。

『さりげなく生きる』。
この言葉は、本当に彼女の生き方を表しているのではないだろうか・・・。
人気絶頂で引退し、俳優・三浦友和さんとの結婚後は、一切、表舞台に顔を出さない。
ここに、当時の彼女の愛(結婚)”に対する覚悟
どんなことが事があっても周りに振り回されない、自分らしくいるという“芯の強さ”
垣間見れる気がする。本当に“カッコいい”女性だ。

『さりげなく生きる』のは簡単なようで、なかなか難しいことではないか・・・。
それは、“自分の世界”をしっかり持っていないといけないし、
繰り返しとなるが、周りに振り回されない“芯の強さ”が本当に必要なのだ。

しかし、『さりげなく生きる』ことができたら、それが一番幸せ なのではないだろうか。
確固たる自分の世界の中で、大切な人と日々の生活を淡々と過ごし、
何気ない日常の中に笑いがあり、涙があり、いろいろなドラマがあって
お互いに成長していくことができたら・・・。
例えパートナーがいなくても、きっと日々を素敵に彩れるに違いない

決して華やかな生き方ではないかもしれないけれど、
この“楚々とした”雰囲気が私はすごく好きです

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。