オーナーのひとり言

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅茶の店 River Flow 新店舗

新年を迎え、3日から営業しているにもかかわらず、
いつも何かに追われていて、ホームページの更新までは手が回っていないので
今回は、まだちゃんと写真も撮れていないのですが、
このままだと、まだご来店されていないお客様にも失礼ですので、
私のデジカメの中に残っていたお店の写真でご紹介しようと思います。


ポットの看板 まず、お店の前には、この木製のポット形の看板が下っています。
これを目印にしてくださいね
写真の中で、ポット形看板を持っていてくださっているのは、看板を作っていただいた
通称『アーティスト高田さん』です。(私たちが勝手にそう呼んでいます)
優しい雰囲気で、ナチュラルな中にお洒落がチラチラ見える素敵な方なんです。
私の無理難題な要求を、見事、形にしていただきました。
本当に本当にありがとうございます
さすが、アーティストさんです

店舗入り口 お花でよく見えませんが、玄関を開けたら、茶棚が並んでいます。
以前よりも、棚は大きくなりました。
雰囲気的には、ここら辺は以前の店舗とそんなに変わっていないですね。

1階の階段  2階への階段です。
この階段も、いろいろと注文をつけて、棟梁を困らせてしまいました
特に、この階段および赤い絨毯はお気に入りです

2階 2階スペースです。
夜に写真を撮ったので、ちょっとわかりずらいですね。すみません。
お店のスタッフは、誰もピアノは弾けませんが、ちゃんと調律もして置いていますよ

2階の窓側の端にあるのが、これも私のお気に入り『ロッキングチェアーの席』です。
ロッキングチェアー ここも、客席の一つですので、ゆらゆら揺られながら、
紅茶を飲まれて、外の景色を見ながらボーッっとされるのも宜しいかと・・・。
テーブルの上の天使も眠たくなるくらい、ボーッとできるかなぁ・・・
本当は、私が一番、この席でボーッとしたいのです

あと、トイレも好きに作っています(笑)

イメージ的には、勝手に『大正ロマン』っぽいのを思い浮かべてみたのですが・・・。
私、なぜかその頃の雰囲気に惹かれてしまうのです
“和”でもなく、“洋”でもなく・・・。Nobleな感じがして
どこまで近づけているかはわかりませんが、
本当に本当に、数々の無理難題を棟梁に投げかけて、
それを一つずつ形にしていただいて・・・。
この棟梁だったからこそ、満足の店舗ができたと思います。心から感謝しています

以前にも増して、お客様の中には『気持ちがいい』とか、『ボーッとできました』とか、
中には『このまま、ずーっとここに居たい・・・』と言ってくださる方もいらっしゃいました
そのようなお声をいただけると、私たちもすごく癒されます
ありがとうございます
なるべく早目にホームページを更新しますので、気長にお待ちいただけると幸いです

最後に、今年は弊店は、グリーティングカードを
リニューアルのご案内に同封させていただいていましたので、
年賀状を出していないにもかかわらず、
弊店に年賀状をいただいたお客様方、本当に本当にありがとうございます
言葉を交わすことは少なくても、なんだかすごく“心のつながり”を感じます
やっぱりHeart to Heartなんだなぁ・・・と実感します。
毎年、お正月早々、すごく心が温かくなりますし、素敵な新年を迎えさせていただいています
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。