オーナーのひとり言

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“我を通す”・“強い心”

“我を通す”
“強い心”

似ているようで、全く違う意味を持つ。

“我を通す”ということは、結局は、自分の考えだけを尊重し、人の意見を聞き入れない、
話し合いをしているようで、結局は、最初から答えが決まっていて、話し合いにはなっていないということ。

本当に“強い心”の持ち主は、同時に“柔軟な心”の持ち主でもある。
最終的には、自分の意思を貫くのだけれど、人の意見も取り入れながら、物事を進行していく。
相手に合わせながら物事を進めていく。
こちらの方が、軸となる自分の考えはぶれなくて、
自分では思いつかなかった考えなどをプラスできる分、軸が太くなり、
また、何よりも、周りとの調和も重んじるために、他人から悪く思われることがないので、
“負”のモノが働かない分、スムーズに事を進めることができる。
最終的には(長期的にみれば)、我を通して、物事を自分の思い通りにした時よりも
圧倒的に、こちらの方が優位な状況になっているのは確かなこと。
「損して徳とれ」である。

私もそうですが、自分の考えを、思いを通そうとするときは、
全体が見えているようで、結局は、目先のことしか見えていないことがほとんどである。
また、結局は、自分側からしか物事が見えていない。
冷静に物事を考えているようで、実は支離滅裂なときがほとんどだ。

「物事の全体を見る」

物事の全体とは、前後・左右・上下。
物事の核となる部分を中心に、球を描くように物事をみること。

自分が出した答えは、本当に物事の全体を見ているだろうか…?
物事を、小さな球でとらえていないだろうか…?
常に、自問自答することが大切ではないだろうか…。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。