オーナーのひとり言

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘己利他

新しいホームページはこちらです
アクセスお待ちいたしております


では、本題に…!(^^)!


一か月程前に、瀬戸内寂聴さんが出演されていたTVの対談番組を拝見しました。

お恥ずかしいことに、私は瀬戸内寂聴さんが作家さんで僧侶でいらっしゃるということしか知らず、
法話を説いて廻られているとは存じ上げませんでした。
すると、その番組の中で、寂聴さんが、素晴らしいお話をされていらっしゃいました。

忘己利他 (もうこりた)
これは、仏教の言葉で、
己(おのれ)を忘(わす)れて他(た)を利(り)するは慈悲(じひ)の極(きわ)みなり。
自分を捨てて、他に報いること。』

人間の性(さが)として、私たちはどうしても自分中心に考えてしまうことがあり、
もっと欲しい、こうして欲しい、と周りに望むことが多くなりがちである。
我欲が先立ってしまう。
そこで、自分のことは後にして、まず人に喜んでいただくことをする、
それは仏さまの行いで、そこに幸せがある…。という意味だそうです。

つまりは、我欲が先に立つような生活からは幸せは生まれないということらしい…。

当然のことなのですが、厳しいお言葉ですね…

特に、「己を忘れて」という部分が、すごく意味深い…。

これは、もっと欲しいとか、こうして欲しいという直接的な(物質的な)欲求だけではなく、
「これをすれば、いい人だと思われる」とか、
「これをすれば、人に認められる」などという“計らい”も何もないということではないだろうか…。
この“計らい”には、自分を社会にアピールしたい、自分を認めてほしい、褒めてほしいという
“自己顕示欲”も含まれるのではないか…。
この自己顕示欲は、程度の違いはあるにせよ、誰にでもある欲の一つである。
もちろん、誰でも人に認められたり、褒められたりしたい。
しかし、この気持ちが先に来てからの行いは、どうなのだろう…?
誰のために行っている善行なのか、その真意が不透明になってしまうのではないだろうか…。

つまりは、他のことだけを純粋に考えて、無心で行ったことだけが、
この“忘己利他”に値するということなのではないか…。

その為には、何が必要だろう?
当然のことながら、相手の立場に立って物事を考えることができるかどうか…。
残念なことに、私達は、相手の立場に立って考えているつもりでも、
結局は、自分側からしか物事を見れていないことが多い。
相手側からの見解を含め、物事の全体を見て行動することが大切なのではないか…。

また、“愛”・“謙虚”・“感謝”・“心”など、
形ないもの、目に見えないものの大切さがいろんなところでよく挙げられています。
寂聴さんも、番組の中で、『目に見えないモノが大切なのよとおっしゃってありましたし、
実際、私もすごく大切だと思っています。
確かに、これらは“人として”、生きていく上で重要なことであるということ、
また、これらの言葉上(辞書上)の意味は、ほとんどの方が理解していることだと思います。
しかし、これらの“言葉”だけが独り歩きしてしまい、
愛とはどういうものなのか…、謙虚とはどういうことなのか…、
感謝とは…、心を大切にするとは一体どういうことなのか…?
といった真意は、私を含め、どれくらいの方が理解できているのだろうか…。

先日も弊店のスタッフと話していたのですが、
日々の生活の中で(実践で)、これらの事を習得した者と
本や講習、または誰かの言葉などのお勉強的に(空論で)、これらの事を習得した者とでは
結果(現在の在り方・考え方)が全く異なってくるように思われる。

もちろん、誰しも初めはこれらの事もいろいろな方法で知り、学びます。
しかし、その後、その学んだことをどのように自分の意識の中に落とし消化させ、
日々の生活で活用していくかということが大切なのではないか…。

人は、自分の器の大きさでしか物事を受け入れることができないし、
自分なりの解釈でしか物事を理解することができない。
なので、同じ事を同時に教わったとしても、
受け取り方は、個々で必ずしも同じというわけではないということだ。
キレイに、物事の本質を受け入れられる人、
あるいは、自分のサイズに変化させて受け入れてしまう人、などなど。

世の中に、“完璧な人”なんていらっしゃいません。
もちろん、物事の真意(本質)をきちんと理解できているにこしたことはないのだが、
私が言いたいことは、できているかいないかが大事なのではなく、
たとえできていないとしても、学ぼうとする心が大事だということ…。
そのためには、自分を客観的に観る必要がある。
誰かに自分の短所などのあまり言われたくない部分を指摘されたり、
自分に何かトラブルが起こった場合など、
一度その事を受け入れて、
そこから、それはどういうことなのか、どうしたらよいのかということを考え行動に移すことが必要で、
そこで、言われたことやトラブルを何かのせいや誰かのせいにしたり、
またはシャットアウトして受け入れなかったり、
言われていることが理解できていたとしても、
自分の考えやプライドが先に立ち、行動に移すことができなければ、
結局は、今までの自分と同じで、そこから何も学んでいないということではないだろうか…。

いくら、“愛”や“謙虚”や“誠の心”と口にしていても
自分自身の実際の行動が伴っていなければ、そこに説得力もなにもない…。

私は、これらの目に見えない事の真意を理解することはとても難しいことだと思うし、
理解できていれば、素晴らしいなぁ…と、人格者だなぁ…と認められることも多いだろう…。
しかし、見る人が見れば、自分がどういう人間かということは見透かされてしまうのだから、
等身大の自分でいるほうがよっぽどいい。
等身大の自分を理解した上で、時間がかかったとしても、
物事の本質を一つずつ学んでいこうとすることが、
自分自身を“人として”成長させてくれる近道なのではないだろうか…。
等身大の自分、そして物事の本質を理解することができて初めて“徳を積む”ことができるのではないかと思う。

そのためには、等身大の自分を理解してくれて、
その上で自分を見てくれる人が、自分にとって本当に大切な人なのではないだろうか…。

忘己利他、
仏教のお言葉は、簡単なようで奥深く、とても勉強になりました
ありがとうございます



ホームページが新しくなりました!!

すごく久しぶりにブログを書いています。
およそ2年3か月ぶりですね…

さて、この度、紅茶の店RiverFlowのホームページが新しくなりました
本当は、移転してからすぐに作り直すつもりだったのですが、
いろいろやっていたら、今になってしましました…
上を見ればきりがないのですが、
アナログ人間の私が、なんとか頑張って作りましたので、
寛容なお心でご覧いただけますと幸いでございます。
まだ、準備中のページもございますが、
これから徐々に更新できるように頑張ってまいりますので、
気長にお待ちくださいませ

新店舗になってから、もうすぐ3年を迎えようとしています。
時の流れは本当に早いですね…。
また、これから、時々“オーナーのひとり言”も更新していこうと思います

これからも、紅茶の店RiverFlowを、
何卒、宜しくお願い申し上げますm(__)m

では、新しいホームページはこちらです!!

『オーナーのひとり言』

先週の土曜日の午後、
『アッサムの席(当店はテーブルの名前が紅茶の名前になっているのです)のお客様が、
オーナーとお話しをされたいと言われていますが・・・』
インカムから聞こえてきたので、
誰か、私の知り合いなのかなぁ…と思いながら、厨房から出て行くと、
心あたりのないキレイな女性がいらっしゃって・・・。
なんでも、博多駅で“ちくご散歩”というフリーペーパーを手に取られ、
当店を知っていただいて、当店のまだ旧店舗のままの()HPをご覧になられて、
この【オーナーのひとり言】に辿り着かれ、読んでいただいたようでした。
ありがとうございます
折角、博多から来ていただいたのに、
全く面識がない方に、私とお話しをしたいと言われたことに少し驚いてしまったことと、
オーダーがきたのも一緒になったりしてて、
お話ししたいんだけど、厨房も気になっていて・・・みたいな感じで、
それでも、自分の中ではきちんと対応したつもりだったのですが、
あとから、『あ~ぁ、もう少しちゃんと対応すればよかったなぁ・・・』と
少し反省したりして・・・。

あとから、その出来事を思い返した時に、
その女性が、
『【オーナーのひとり言】読ませていただきました
素敵なお話しが書かれてて・・・
・・・お若いんですね
って言われたのを思い出しました。

お若いんですね・・・
この【オーナーのひとり言】を読まれて、
私は一体、いくつぐらいに思われていたのだろうか・・・
40代50代、それとも・・・
そんなに、人生経験が豊かな方の“ひとり言”に思えたのだろうか・・・

ふと、そんな事も頭を過ぎりましたが、
でも、そんな事はどうでもいいのです
この“ひとり言”を読んでいただいて、何かしら感じていただけたことがあったというだけで、
私はすごく嬉しいですし、
書いててよかったなぁ~って思うのです


そもそも、私は
『Twitter・・・』だし、
どちらかと言えば、メールよりも手紙派だし・・・
(これは、手紙の方が叙情的で、
直筆で書いているために、感情がごまかせないというか・・・
“行間を読む”というか・・・
上手く説明できないのですが・・・。
それに、手紙は便箋や封筒などのレターセットを選ぶところから、
すでに相手のことを考えていたり・・・
手紙を出す”という行為には
なにより差出人の方のが感じられる・・・

そんなアナログ派な私が、この【オーナーのひとり言】を始めるのには
やっぱり少し勇気がいりました。
通販とかはすごく活用してるのに、
とにかく、どこか、ネット=恐いっていう風に思っていたりして・・・
初めのうちは、何を書いたらいいのか・・・みたいな感じで・・・。
でも、次第に、何を書こう・・・とか、何か書かなきゃ・・・とか、思わないようにしたんです。
自分が書きたい時に、
何か伝えたいこととか、感じたこととか、自分が書きたい事を書こうって。
それで、私が書いていることに、誰かが何か感じてくれたらいいなぁ・・・って。

そしたら、今回のように、【ひとり言】を読まれて、
私とお話ししたいと言っていただける方が実際にいらっしゃって・・・。
これって、本当にすごい事だなぁと思うんです。
芸能人でも、有名人でもない、ごく普通の私とお話ししたいと言っていただけるなんて・・・
何かを感じてもらえたんだろうなぁ・・・って
何か、何かよくわからないけど、
一歩前進できたような気がします。
勇気を出して、【ひとり言】始めてよかったなぁって思いました。

お名前も伺わなかったのですが、
先週土曜日に、博多からご来店いただきました女性の方、
本当にありがとうございました



それから、“少しの勇気を出して”で、もう一つ。

今日、私はおよそ5年ぶりに紅茶のいれ方教室”を開催しました。

私は、“紅茶を淹れる”という、自分が毎日やっていることなのですが、
これを人に教えるなんて・・・難しいし、緊張する・・・
しかし、やると決めたなら、もう後には引けません
やるしかないのです

もう、5年前のことなんて忘れているので、初めてするのと同じです
簡単ですけどテキスト作ったり、
とりあえず、自分に出来ることはやって、挑みました

なんとか、緊張もあまりすることなくお話しできたし、
何よりも参加していただけた方々が楽しかったって言っていただけたので・・・
お客様にそう言っていただけたこともよかったのですが、
今回の教室もまた、自分自身が、一歩前に進むことができて、
次に繋げることができた感じがして・・・

物事でも、人でも、何でもそうですが、
誰でも、自分が馴染みがないものに手を出すのは、不安があります。
でもそこで、『やってみたいなぁ』、『やってみようかなぁ』とか
『会ってみたいなぁ』とか思う気持ちが少しでもあるのならば、
“少しの勇気を出して”一歩前に踏み出した方がいい

恐くても、一歩前に踏み出すことができたら、
きっと、そこから次に繋がる新しい道ができていくのですから・・・


“キラキラ”した人

ある日、20代の女性から
「どんな男性がタイプですか
と尋ねられたので、迷わず
キラキラした人
と答えたら、
「王子様系ですか
と訊かれたので、
「いいえ、違います」
と答えると「・・・」みたいな顔をされました

次の日、また違う20代の女性に同じ質問をされたので、
同じ答えを返したら、同じ反応をされて・・・。
何でも、「(私に)その質問をしたら変わった()答えが返ってくるよ。」
っていう話になっていたらしいのです

キラキラした人
この答え、変わってるかなぁ・・・

人は、若いときは“若い”というだけでキラキラしているんだけど、
(それが、現代ではもったいないことに、若くてもドンヨリしている人も少なくないのですが・・・)
年齢を重ねてくると、なんだかくすんでくる(笑)
なんだろう・・・
見た目オーラ

これは、私が感じることなので、言葉で説明するのがすごく難しいのですが・・・。
はっきりと言えることは、そのキラキラの原因は純粋で、前向きであるということだろうか・・・

長年、生きていれば、いろんな経験をすることで、
自然と損得とかを考えるようになったり、
お金だったり、名声だったりに囚われて物事を考えてしまったりするけれど、
キラキラした人”は、自分に正直に生きている人なのだと思う。

仕事に就くときも、お金儲けの為とか、名声の為とかではなく、
それも全くないとは言えないかもしれないけど、
まずは、自分がやりたいから、自分がその仕事が好きだからなのではないかなぁ・・・。

誰かと恋愛をするときも、
この人だったら、仕事が安定しているから・・・とか、
こんなことも、あんなこともしてもらえるから・・・とか、
この人とつきあえば、自慢できるから・・・とかではなく、
まずは、自分がその人のことを好きだから

とにかく、何をするにも条件が先にくるのではなく、
自分の素直な気持ちが大前提にあるのではないだろうか。
なおかつ、人を思いやる気持ちがある。
(だって、周りのこととかも気にせず、何にも考えないで自分がやりたいようにやるのは
単なる“わがまま”じゃないですか)

男女問わず、私はできるだけたくさんの“キラキラした人”と出会ってみたい
だって、そういう人とお話しすると、駆け引きがないので単純に楽しいし、
すごく勉強になることが多いのは事実。
なんといっても、他愛もないお話をしているだけで、
不思議と、なにかしらのパワーをいただくのです


お店にも、時々、キラキラしたお客様が来られます。

先日も、久々ご登場のK様。
新店舗になってからは、初めてのご来店で、何年ぶりでしょうか・・・。
旧店舗のときは、いつも代わる代わるかわいいお姉さんと一緒に来られていたので、
私たちは、事務的な会話程度で、お話しすることもほとんどなかったのですが、
その日は、お一人様でのご来店で、
台風の予報も出ていたせいか、お客様がゆっくりな日だったということもあり、
いろいろお話を伺うことができたのでした。
すると、驚いたことに、御年84歳とおっしゃられるではありませんか
私たちは、もうすごくびっくりです。
どう見ても60代にしか見えません。若い
それに、未だにお仕事も現役らしく、
やっと、80過ぎてから、人に認めてもらえるものを作れるようになった。仕事がノッテきた。
とおっしゃられるのです。スゴイ
私にも、
「あなたもね、ずーっと紅茶を淹れていってたら、
80(歳)ぐらいになった時に、“なんだ、こういうことだったのか・・・”
っていうこと(発見)があるよ」
と言われました。
は、は、80歳・・・。あと何十年
もちろん、私も生涯現役でいたいとは思っていますが、
実際に、経験されてこられた方の言葉の中には、その方の“哲学”があります

もうお一人。
気が向いた時にふらっとご来店される、
92歳のパワフルお爺ちゃんがいらっしゃいます
このお爺ちゃんは、いつも冗談言われたり、
私が質問しても、適当にはぐらかされたり・・・。
世の中を達観されていて、お話ししていてもユーモアがあってすごく楽しいのです。
100歳まではいけるかなぁ・・・
絵を描かれたりしていて、人生を楽しまれています

やっぱり、キラキラしてる人は、
男性とか女性とか、若いとかお年を重ねられてるとか、
男前とかブサイクさんだとか、お金持ってるとかいないとか、
お偉いさんかどうかとか、そんなの全く関係ないですよね。
単純に“一人の人として”素敵な人だなぁと思うのです

お店に、もう一人、この私が感じている“キラキラ”を
すごく理解してくれている女性がいるのですが、
変な話、私たちは、キラキラさんを見つけては楽しんでいます(笑)
4月の中旬頃、福岡から柳川までを自転車で、お一人で来られた
男性のキラキラさんがいらっしゃったのですが、
この日は、残念ながら、彼女が出勤ではなかったので、
もう一度、この方がお店に来ていただけたらいいなぁ・・・と,
お話しできたらいいなぁ・・・
微かな期待を抱いている私達なのです(笑)


最後に、
先日、私は博多座に『北島三郎公演』を観に行きました。
(余談ですが、私が、隣りの席の見知らぬおばさま方と、
まるで知り合いかのように話しをするので、
一緒に行っていた姉が、驚いていました
そんな第2部の歌謡ショーで、
サブちゃんが、たくさんのヒット曲を歌われるのですが、
その中に『標(しるべ)』という、私が初めて聴いた歌がありました。
その歌の歌詞が、まさに、その通りだなぁ・・・と思いましたのでご紹介致します


標(しるべ)

損か得かをはかるより
嘘か真(まこと)で動きたい
自分自身に嗤(わら)われる
生き方だけはしたくない

幸せのお裾分け

今日、夕方、お兄ちゃん(20代前半?)と妹さん(小学5・6年生)と見られるお客様がご来店された。
2階は満席となっていたために、1階の私たちがクライアントルームと呼んでいる
階段奥のシノワズリーの席に座られて、オーダーされた。
お会計の際に、雑貨のコーナーをご覧になられていて、
妹さんと二人で話し合ってらっしゃったので、
私が、
「母の日のプレゼントですか
と尋ねると、お兄ちゃんが
「いや・・・、初任給で・・・
初任給はあげた方がいいって、周りにも言われたもんで・・・
と、ちょっと照れながら答えられた。思わず、
「優しい・・・
と、私は声が出てしまった

なんだか殺伐としたこの世の中で、初任給で母親にプレゼントを贈るなんて・・・。
しかも、そんな素敵なことの為に、“紅茶の店River Flow”を選んでいただけたなんて・・・
嬉しすぎて、テンションが急に上がったのですが、
「いけない、いけない・・・平常心で接客しなくては・・・」
と心の中でつぶやき、一呼吸おいて、いつも通り笑顔で対応
私なりにアドバイスさせていただいた。
いろいろと悩まれて、ティーポット・ティーカップ・砂時計・ケーキプレートなど、
1セット購入された。
息子さんの初任給で買ってもらったティーウェアーでいれた紅茶は、
どんなに美味しいだろうか・・・
息子さんのすごく素敵な行為に、
私も少しだけお手伝いできたことで、一瞬にしてすごく温かい気持ちになれた。
本当にありがとうございます

その後、前の地主さんの妹さんがご来店されて、
「ここの家が壊された時は、すごく悲しかったんだけど、
またこうやって素敵なお店になって、2階からの景色が見れてすごく嬉しかったです
と言っていただいた。
また、嬉しくて温かい気持ちになった。

それに、その時間には、近くの結婚式場で披露宴をされた後、
当店で2次会のお茶会をされたお客様もいらっしゃったし・・・。
こんなのも当店始まって以来の出来事だった

『有難う御座います』という言葉は、 “(ここに)居ることは有り得難いこと”というところから
きている言葉なのだそうだ。

まさに
私が、こうやってこの地でお店をやれているのも“有り得難いこと”で、
初任給で母親に贈るプレゼントを購入するお店を、
たくさんあるお店の中から当店を選んでいただいたことも“有り得難いこと”。
おまけに、披露宴の後の会場を当店に選んでいただいたことも“有り得難いこと”。
本当にすべてのことが“有り得難いこと”なのだ。
本当に本当に感謝感謝しかない。

今日は、自分自身の仕事の段取りが思うようにいかなかったりして、
少しイライラ気味だったのだが
たくさんの幸せのお裾分けをもらって、すっごく素敵な一日となった
本当にありがとうございます
私も誰かに『幸せのお裾分け』ができたらいいなぁ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。